ドッグフード以外のおやつを与えすぎたらヤバい?ドッグフードの匠

MENU

ドッグフード以外のおやつを与えすぎたらヤバい?ドッグフードの匠

ドッグフードとおやつ

 

本来、人以外の概念からは「おやつ」というのはありません。犬などの生き物は、お腹が空いたら必要なだけ食物(おやつなどなんでも)食べるのです。

 

犬が総合栄養食のドッグフード以外の食生活をしてしまうと、食生活の乱れから愛犬の身体の具合が悪くなることもあります。

 

愛犬が健康でおやつの量も許容範囲の場合で、特に異常がない場合はあまりうるさいことは言いません。ですが、おやつの与えすぎが原因で愛犬の身体の問題が発生している場合は制限してあげてください。

 

ご褒美やかわいいのでドッグフード以外のおやつを与えている?

ドッグフードとおやつ

 

愛犬のご褒美として、かわいいからといって、過度のおやつを与えることは犬にとって害でもあることを理解してあげましょう。

 

おやつをしつけやお留守番のご褒美として与えている場合

食べ物で言うことを聞かせる方法もありますが、獣医師の判断からすると与え過ぎには注意が必要です。

 

確かに、愛犬も満足感があるのですが毎回同じことで言うことを聞かせていると、いつか愛想をつかされます。人間で言えば「子供の関心をお小遣いで買うお父さんやお母さん」もしくは「援助交際」と同等だと思っています。

 

犬と人間は同等ではなく、飼い主としてボスの役割が信頼関係にもつながるのです。

 

なので、私たち人間と犬は厚い信頼で結ばれていることが鉄則で、愛犬を可愛がるのも分かりますがわがままになってドッグフードを食べなくなったり言うことを聞いてくれなくなる場合もあるので、おやつを与える場合は最低限に抑えるように意識することが大切です。

 

おやつを欲しがる、かわいいので、ついあげてしまう場合

獣医師である私が一番疑問に思うのが、「健康とダイエット」の話を来院時にいつもしているのに、一向に痩せない犬がたくさんいます。

 

飼い主さんにお話をして尋ねてみる、おやつを欲しがる犬の欲求に勝てず与えてしまうとのこと!

 

栄養が少ないおやつ(ドッグフードもありますが)などを食べ過ぎて体を壊す方がもっとかわいそうです。

 

愛犬に必要な食べ物は、栄養価に優れたドッグフードをもらえれば健康に生活でき長生きできることの方が幸せだと思います。

 

このように犬のわがままや可愛いという事で栄養価の低い食べ物を与えていると、早期に生活習慣病のたぐいになることを予測できます。愛犬が可愛いと思うなら飼い主さん自身も犬の事を思い厳しくしてあげるのもやさしさだと思います。

 

犬におやつを与えすぎたらヤバいのまとめ

ドッグフードとおやつ

 

私も犬って本当にかわいいと思います。ですが、犬の言いなりになり過ぎるのも残酷な結果になってしまうこともあります。愛犬が望むままに高カロリーの食べ物を与える愛情表現は、結局のところ犬を不幸にしてしまいます。

 

愛犬の長生きの為にはどうしてあげることが大切かを考えると、ライフステージ毎にあった食生活で健康を維持してあげることが本当に大切だと思います。

 

その食生活でドッグフードという食べ物は栄養価にも優れていますし、愛犬の健康のために日々素晴らしいドッグフードが販売されています。

 

以前までの国産ドッグフードというものは、この添加物は大丈夫か?穀物が多すぎではないか?動物性タンパク質が少ない!などいろいろ疑問に思うところもありました。

 

ただプレミアムドッグフードの普及にともない国産ドッグフードにもすぐれたものが多く発売しているので、当サイトで調べた国産ドッグフードのおすすめランキングも参考にしてもらえれば幸いです。